SH3923 金融庁、「記述情報の開示の好事例集2021」の更新 齋藤宏一(2022/03/01)

ディスクロージャー組織法務サステナビリティ

金融庁、「記述情報の開示の好事例集2021」の更新

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

弁護士 齋 藤 宏 一

 

1 はじめに

 金融庁は、投資家と企業との建設的な対話に資する充実した企業情報の開示を促すため、2018年度以降、随時「記述情報の開示の好事例集」を公表している。昨年12月に、「サステナビリティ情報」に関する開示の好事例を取りまとめた「記述情報の開示の好事例集2021」が公表されたが、今般、2022年2月4日付で、同事例集に「経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」、「事業等のリスク」および「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(MD&A)」の開示の好事例を追加した更新版(以下「本事例集(更新版)」という。)が公表された[1]

 昨年末の「サステナビリティ情報」に関する開示の好事例は、特に気候変動関連の開示および経営・人的資本・多様性等に関する開示の好事例集を取り上げたものであったが、本事例集(更新版)では、これらに限らず、「経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」、「事業等のリスク」および「経営者による財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の分析(MD&A)」の全般についての開示の好事例について取り上げられている。また、今回の好事例集では、より好事例の裾野を広げていく観点から新たな企業が積極的に取り上げられている。

この記事はプレミアム向け有料記事です
ログインしてご覧ください


(さいとう・こういち)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業パートナー。1999年東京大学法学部卒業。2001年弁護士登録(第一東京)。2008年ハーバード・ロースクール(LLM)修了、2008-2009年ハーバード・ロースクール客員研究員。2009年ニューヨーク州弁護士登録。SDGs、ダイバーシティ、ビジネスと人権、人的資本への投資等、サステナビリティという観点からの企業の事業運営に関連して精力的に活動を行っている。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業 https://www.amt-law.com/

<事務所概要>
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業は、日本における本格的国際法律事務所の草分け的存在からスタートして現在に至る、総合法律事務所である。コーポレート・M&A、ファイナンス、キャピタル・マーケッツ、知的財産、労働、紛争解決、事業再生等、企業活動に関連するあらゆる分野に関して、豊富な実績を有する数多くの専門家を擁している。国内では東京、大阪、名古屋に拠点を有し、海外では北京、上海、香港、シンガポール、ホーチミン、バンコク、ジャカルタ等のアジア諸国に拠点を有する。

<連絡先>
〒100-8136 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

 

タイトルとURLをコピーしました